MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「戦前切手」~切手で見る戦前の天皇~

戦前切手とは、戦前に発行されたものを指し、使用済みのものであっても骨董的価値より高値で取引されることの多い切手です。
切手が日本に生誕したのは明治時代であり、前島密がイギリスの切手料金制を模倣して郵便事業の発案・創設を果たした頃まで遡ります。
明治4年に発行された竜切手が日本で初めて発行された切手となります。
この時代の印刷技術はまだ粗かったこともあり、銅板に一つ一つ手彫りした板を使用して印刷されており、エラー切手が見つかりやすいのが明治時代の戦前切手の特徴といえます。
明治時代の500文のエラー切手がオークションで3500万円という高値で落札されたことが話題となったこともあります。

竜文切手

戦前切手,買取,ランキング

発行年度

額面の種類

買取における価値

1871年

48文、100文、200文、500文

2万~5万

特徴①

戦前切手の特徴として、天皇や皇族、皇室ゆかりの神社など、愛国を連想させるデザインが多かったことが挙げられます。
しかし、それらの大半が失われていきました。
知っての通り、関東大震災や太平洋戦争の炎によって焼失することとなりましたし、紙製品であるため時間による劣化や紛失なども生じます。
この結果、流通量自体が少ないため、今日の取引価格の高騰を招くのも当然といえるでしょう。

 

竜切手以外の戦前切手をいくつか挙げてみると、プレミア切手として有名な桜切手や儀式のかんむり、第一次国立公園切手、飛行郵便試行記念などがありますが、これらは単純に種類のみで査定されるわけでなく、その状態を注意深く見ながら価値が付けられていきます。
保管状況で査定額は上下しますし、エラーが見られればそれだけで希少性は大幅にアップすることでしょう。

 

戦前切手は種類が豊富なので、該当するエラーの種類もそれぞれ違います。このため査定は専門家に依頼しなければ判断がつけられません。
近年、実家の整理をしているときなど、故人が収集していたものが見つかり、査定に出してみたところ予期しない高額で買い取られる例が相次いでいます。
もし、古そうな切手がどこからか出てきたのであれば、まずは査定に出してみましょう。ネットでの査定業者を利用すれば、一度に複数業者へと依頼できますので、とても便利です。

 

より具体的に、どのような戦前切手が高値で買い取られているのか、その種類と相場の目安をご紹介していきます。

 

 

儀式のかんむり

戦前切手,買取,ランキング

高値でやり取りされる戦前切手のなかでも、「儀式のかんむり」と呼ばれる切手は発行量が少なく、まったく流通していないことからプレミア化しています。
例えば、1916年に発行された、昭和立太子礼記念切手の一枚となる“儀式のかんむり 10銭”は1枚あたり、使用済みであっても3万円以上、未使用であれば並品であっても6万円以上といった価格で取引されています。
大正時代になると、切手の印刷へのこだわりが強くなっていきます。
やはり、粗雑なものであれば偽造品が出回りやすいこともあったのでしょう。
すかしを入れたり、用紙に遷移の入った毛紙というものを採用するなどして偽造防止に努めつつ、デザインも公募するなど、切手がより一般大衆に広まっていくこととなりました。

 

明治銀婚切手
明治銀婚切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1894年

2銭、5銭

8000円~1.6万

また、銀婚と冠されて各時代に発行された記念切手も高値となります。
明治時代には明治天皇の大婚25周年式典が行われた際、それを祝って2銭と5銭の明治銀婚切手が1894年に発行されました。
これらは日本で発行された初めての記念切手であり、雄雌の鶴と菊花紋章がデザインされたエレガントなものとなっています。
2年にわたり、2銭切手が1480万枚、5銭の切手は100万枚が発行されており、当時からすれば膨大な数が流通しているにもかかわらず、今日の切手買取り相場では前者が1万円、後者が2万円ほどにてやり取りされています。

 

大正銀婚記念切手
大正銀婚記念切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1900年

1.5銭切手、3銭切手、8銭切手、20銭

4500円~1.5万

その後の大正時代に発行された大正銀婚記念切手も人気です。
こちらは大正天皇が皇太子であったときの結婚を記念して発行されたものであり、1.5銭切手、3銭切手、8銭切手、20銭切手の4つの額面が発行されました。
それぞれ発行量も違いますが、もっとも少ないものは20銭切手であり、その数は20万枚です。このため、大正銀婚記念切手20銭は現在、1万5千円ほどの査定が受けられます。

 

これまでご紹介してきたプレミア切手はいずれもその時代の天皇のものですが、天皇や皇族に関係する切手が多いのも戦前切手の特徴です。
戦前は皇室の人気も絶大であり、多くの人々が発行された皇室にゆかりのある切手を買い求めていたため、もしかすると皆さまの自宅や蔵にも祖父母、またはその上の先祖が買ったものが残されている可能性も少なくありません。
加えて、皇室の切手を集めていたのであれば、上記以外に発行されている皇室関連のものも一緒に保管されている可能性も高まります。
例えば、天皇の即位は、諸外国における戴冠式にあたり、国を挙げての一大イベントとなります。
これを記念して発行される切手が大礼切手であり、大正天皇の即位を記念した大正大礼記念切手、昭和天皇即位のときに発行された昭和大礼記念切手があります。

 

昭和ご帰朝切手
昭和ご帰朝切手

戦前切手,買取,ランキング

発行年度

額面の種類

買取における価値

1921年

1.5銭、3銭、4銭、10銭

500円~1.3万円

他にも、昭和ご帰朝切手や、台湾行啓なども皇室関連の戦前切手として挙げられますが、どれも単品であっても高値で査定されていますし、種類と数量次第ではコレクション的な付加価値を評価に上乗せされることもありますので、1枚みつかれば、その他にもそれらしきものがあるかどうか念入りに調べてみましょう。

 

日清戦争勝利記念切手
日清戦争勝利記念切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1896年

2銭、5銭

6000円~1.4万円

また、日本が軍国であったことを象徴する切手も高値で取引されています。
日清戦争勝利を記念して明治29年に発行された切手は初めて肖像画がデザインされたものであり、戦争で活躍した後に病死した有栖川宮親王と北白川宮親王の肖像が描かれています。
どちらの切手も2銭、5銭のものが発売され、現在の取引価格はそれぞれ8千円~、2万円~となっています。

 

日露戦争凱旋観兵式記念切手
日露戦争凱旋観兵式記念切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1921年

1.5銭、3銭

9000円~1.8万円

その後に勝った日露戦争を記念した切手もほぼ同額での取引となっていますが、日露戦役凱旋切手はデザインが独特であることで知られています。
そこに描かれているのは各種兵器であり、日本がいかに軍国主義へと傾いていったのかを象徴するような図柄となっています。

 

世界平和記念切手
世界平和記念切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1919年

1.5銭、3銭、4銭、10銭

300円~8000円

その他、第一次世界大戦の終結後に発行された、平和の象徴である鳩があしらわれたデザインの平和切手は10銭のものが8千円ほどで取引されていますし、1920年に発行された第1回国勢調査記念切手は2千円ほどの価値がついています。戦前切手は経年により現存する数量自体が少ないため、コンディションをさほど問うことなく高値で安定した査定を受けられやすいものです。もし、それらしきものがご自宅にあるのであれば、まずは専門家に査定依頼して価値を知っておいてみてはいかがでしょうか。

 

 

郵便創始50年記念切手
郵便創始50年記念切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1921年

1.5銭、3銭、4銭、10銭

400円~5万円

高値で取引される戦前切手のなかでも意外なジャンルのものは、郵便事業に絡む切手です。
1921年に発行された郵便創始50年記念切手のうち、4銭と10銭の切手は発行数が少なく、プレミア査定となっています。
前者の発行数は24万枚、後者の発行枚数は10万枚しかありません。10銭切手であれば、未使用で5万円以上、消印が押されたものであっても3万円以上の査定額が見込めます。

 

万国郵便連合加盟50年記念切手
万国郵便連合加盟50年記念切手

発行年度

額面の種類

買取における価値

1927年

1.5銭、3銭、6銭、10銭

500円~2万円

また、万国郵便連合加盟50年記念切手もプレミア化しています。
こちらは日本が万国郵便連合に加盟してから50周年となることを記念して発行された記念切手であり、日本の郵便事業の生みの親である前島密の肖像画がデザインされたもの(1.5銭、3銭)と、世界地図がデザインされたもの(6銭、10銭)のものがあります。このうち、高値が期待できるのは世界地図が描かれたものであり、6銭なら1万5千円、10銭なら2万円程の価値が見込めます。

 

切手買取り業者のランキング

買取プレミアム
買取プレミアムについて調べてみれば、ネット上で好印象な口コミを多く見ることができ、それらの大半が、担当者の対応の良さについて言及されるものです。 これまで自分や、家族が大切にしてきた切手だからこそ、譲り渡す先を選びたくなるのは誰もが同じことでしょう。 その点、買取プレミアムは業界最大手との評判も高いので安心です。 同社では、バラの切手やコンディションの良くない切手でも、丁寧に査定して値付けをおこなってくれるのが特徴であり、事前にネットで調べてみた参考価格や、他の店頭で受けた提示額に比べても高額査定となるケースが珍しくありません。 中国切手をはじめとする外国の切手や、記念切手など、買い取り可能な切手の種類が多いため、皆さまの手元にある切手をまとめて任せてしまうことができます。これも、切手についての知識が豊富であり、査定力が高いために為なせる技といえるでしょう。 買取プレミアムでは、即日現金で支払いしてくれるだけでなく、買取りが成立した後であっても、クーリングオフ期間を設けていますので、常にお客様ファーストの姿勢を貫いている会社だといえます。 出張、宅配、持ち込み、の3つの方法から買い取り査定を依頼することができます。

スピード買取り.jp
スピード買取り.jpはそのネーミングの通り、問い合わせてから最速30分で無料査定に来てくれる切手買い取り業者です。 しかし、同社の売りはスピードだけではありません。“他店よりも買取価格が1円でも安ければ全品返品いたします”と大々的に打ち出しているため、他の業者よりも高額査定を得られるはずの切手買取り業者なのです。 なかなか、このような商売上のリスクあることを宣言できるものではありませんので、査定に自信があることの裏付けとも理解できます。 また、買取りの対象となる切手の種類の豊富さも、スピード買取り.jpの魅力です。 同社の公式ホームページ上には、これまでの買い取り実績や、その金額が併記されているほか、様々な種類の切手についての情報も掲示されていますので、査定申し込みついでにそれらに目を通してみてはいかがでしょうか。 きっと、これから切手を売りに出そうとする際の参考となると思います。 汚れた切手や、価値のわからないものなど、自宅に眠っていた切手を丸ごとお任せすることができるので、手間を省くことができるのが嬉しいポイントです。 コールセンターは24時間受け付けとなっているので、ご不明な点などは気軽に質問してみてください。

福ちゃん
福ちゃんも切手買取り業者のなかで有名な存在であり、これまでに100万件以上の買い取り実績のある会社です。 つまり、これだけの買い取り査定の依頼があるということであり、それはそのまま高額査定・高価買取が期待できると多くの人々が思っているからに他なりません。 相見積りを取る際には、福ちゃんにも査定依頼してみましょう。 福ちゃんの特徴として挙げられるのは、切手買取り専門であり、豊富な知識をもとにしながら1枚1枚を査定してくれるところです。 なかでも、中国切手の買い取りに力を入れており、他のお店よりも高値の提示を受けやすいといえます。 口コミを探してみても、電話問い合わせ時から女性オペレーターによる丁寧な応対をはじめとし、査定担当者の知識の豊富さと訪問時の実直さなどが総じて高く評価されているため、はじめて切手を売ろうと考えている皆さまにとって、安心して問い合わせできる先であると思います。 福ちゃん公式ホームページにて、これまでの買取り事例が多数掲載されていますので、是非それらをご覧になってみてください。 切手をどこよりも高く買取る自信があるとのキャッチフレーズの通り、高額での買取り事例を多く見ることができます。